V-antena and Tanimoto's page

谷本の備忘録・雑記帳・work

>

カテゴリー: settings

CATEGORY ARCHIVE

PCを組み立てでの記録(反省点)

マザーボードとCPUが一式余っていたので、その他パーツを買って新たにPCを自作した。経験して判った事の記録です。

背景

以前、MBの故障を疑ってMBとCPUを買い換えた。(メモリー周りがおかしかっただけだったかも)。それで、MBとCPUが余っていた。以前のMBとCPUは以前のBTO PCに戻し、買い換えたMBとCPUを
再利用し、PCを組むことにした。

いろんな自作PCのサイトやMookを調べながらパートを購入、組み立てたが購入必要なケーブル等よくはわからなかったので、追加購入したものや気を付けた方が良い点を記録として残す。

パーツ及びケーブル等

  1. PCケースは、奥行きがある程度(15センチぐらい?)余裕があるものが良い。 今回の場合、電源からの電源ケーブルが邪魔になって、3.5インチベイを外さざるを得なくなった。結果HDDがベイに設置出来なかった。
  2. 電源に付属のSATA用電源ケーブルは、取り付けコネクタがL字型になっており、取り付けた状態だとデバイスにうまく刺さらない。ストレートタイプのSATA用電源延長ケーブルを購入した方が良い。今回の場合、SSD用とDVDドライブ用に2個追加購入した。
  3. SATAケーブルが必要。SSD用, DVDドライバー用、HDD用が必要。
  4. ワッシャも追加で少し買っておいた方が良い。簡易水冷CPUクーラーのfan取り付けなど、ネジが固く  ワッシャをかまさないと閉まりきらなくガタガタする。 パーツによるのかも知れないが・・・
  5. CPUクーラを換えたので、グリースリムーバー(アルコールの類)を追加購入した。
  6. Ubuntuとwindowsのデュアルブートにする場合、インストールメディア(SSD,m2.nvme)の区別が簡単につく様に、容量を異ならせる方が間違えにくい。 
  7. コネクタ簡単脱着ケーブルを購入しておくとシステムコントロールの類の線を刺すのが楽になる。(2022年2月5日追記)

※HDDがPCケースに装着できず外だしする場合、SATA外出しブラケット2ポートを購入する事で可能。

組み立て時の注意点

  • MBの端の方のケーブル刺しが大変なので、特にシステムコントロールの類、端の方は刺してからMBを取り付ける。
  • SSDやDVDドライブの取り付けはシリアルSATAケーブル、SATA用電源延長ケーブルを先にデバイス側に刺してから取り付ける。そうで無いと難しい。(取り付けたのを外してやり直した)
  • 付属のマニュアルではわからない事が多いので注意。また、字が小さいのでルーペを用意しておく。

OS

windowsを購入するには店舗で買うより、ネットで購入する方が安い。

その他、注意点

lanドライバーをインストールしないとlanが繋がらない。 MB付属のDVDからインストールした。 
https://koshitatu.com/?p=11855

参考にしたweb site

簡易水冷クーラーの取り付け
https://xenonhyx.com/corsair-h100ipse/

fanの向き
https://fukuokanoossann.net/archives/509

電源ケーブルの確認
https://www.pasonisan.com/pc-jisaku/power-connector.html

電源コネクタの接続
https://pssection9.com/archives/power-supply-unit-connector-type-how-to-use.html

電源装置の裏面確認等
https://www.links.co.jp/item/rm850x-2021/

Mother Board を交換したのでメモ

マザーボードについているボタン電池を交換したところ画面が何も表示されなくなった。 どこが悪いのか判らないがマザーボード(MB)が壊れたのではないかと決めつけMBを交換したので、手順をこうすれば良かったというものをメモとして残す。

※もしかしたら、MBが悪いのではなくメモリー周りに問題があったのかも知れない。 それだと、MB代とCPU代が持ったなかったかも

あらかじめ準備しておくもの

・静電気防止手袋
・フリーザーストック用袋何枚か (区分けされている箱でもよい)
・ポストイットやスコッチテープ
・拡大鏡(字が小さいので見えにくいため

こうすればよさそうの手順

  1. ケーブル周りを写真にとる
  2. ポストイットかスコッチテープに何のケーブルか、もしくは、どこに接続されていたケーブルかを書き、ケーブルにくっつける

(以下のケーブルがあった
   ・SATA-SSD用ケーブル
   ・SATA-HD用ケーブル
   ・SATA ?用ケーブル
   ・電源ケーブル(幅広)
   ・USB用ケーブル
   ・   ケーブル
   ・CPUfan用ケーブル(これはCPUも交換なら付け替えは不要)
   ・FAN用ケーブル
   ・HDaudio(AAFP)
   ・システムパネルヘーダー用5本
    -POWER SW
    -RESET SW
    -HDD LED (色付きが+, 白や黒が-)
    -POWER LED
    -POWER LED
   ・SPEAKER

3.邪魔になるので電源、FANを外す(よける)。
4.ストック袋にネジをいれて、どこのネジかを記入する
5.ケーブルをはずす。
6.メモリーをはずす
7.グラボをはずす
8.MBをはずす
9.M2.SSDをはずす

10.新MBにCPUをつける
11.CPU用ファンを取り付ける
12.M2.SSDを取り付ける
13.メモリーを取り付ける(うまくささっていないと画面が映らないなどあり)
14.IOシャーシを交換する(おりまげ等しないといけないかも)
14.MBを取り付ける
15,ケーブル類を取り付ける
16.ファンと電源を取り付ける
17.グラボを取り付ける
18,ケースを閉じておしまいのはず

ubuntuのkernelだけ版数up

Ubuntuをバージョンアップした際に音声トラブルがあり(まだ残っている)、kernelのバージョンアップも試してみた。せっかくなので、kernelのバージョンアップの方法について記録として残しておく。

方法1

コンパイル済みのdebファイルをダウンロードしてインストールする。
https://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/ からインストールしたいkernel版数を選び必要なdebファイルをダウンロードしインストールする。

例: version 5.6選択の場合

mkdir kernel5.6
cd kernel5.6
wget https://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v5.6/linux-headers-5.6.0-050600_5.6.0-050600.202003292333_all.deb
wget https://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v5.6/linux-headers-5.6.0-050600-generic_5.6.0-050600.202003292333_amd64.deb
wget https://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v5.6/linux-image-unsigned-5.6.0-050600-generic_5.6.0-050600.202003292333_amd64.deb
wget https://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v5.6/linux-modules-5.6.0-050600-generic_5.6.0-050600.202003292333_amd64.deb
sudo dpkg -i *.deb

sudo reboot

方法2

uktoolsを使う方法。 版数の指定はできないので要注意。

git clone https://github.com/usbkey9/uktools
cd uktools
make

その後
sudo uktools-upgrade

ubuntuを18.04から20.04へバージョンアップした

なぜかpolkit segfaultが起こりだしたので、バージョンアップしてみる事にした。

手順

sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo do-release-upgrade -d

リモートデスクトップがなぜか一瞬で切断されるのでインストールしなおしてみた。動いた。

sudo apt purge xrdp
sudo apt install xrdp 

nvidia-smiコマンドがエラーとなった。 driverを更新しないといけないとのことだったので、更新。nvidia-smiコマンドは動いた。

sudo apt install nvidia-driver-460

新たな問題発生

ubuntu 20.04に更新したところ、音声が出なくなった。

いろいろ試しているがまだダメ。 なお、vlc media playerに関しては声がでる様になった。

wireguardでvpnを構築した

実際の理由は不明もルータを変更したところ、ポートフォワーディングを設定してもIPSEC/L2TPでのVPN接続ができなかった。 そこでwireguardを使ってのvpnを設定しなおした。 

参考としたサイト

'https://chirashi.twittospia.com/技術/windowsでwireguardを設定する方法/2021-02-26/
'https://qiita.com/naomori/items/1ee1a314cbdd3010f3ee
'https://asiavp.net/guide/windows/wireguard/

環境

サーバー: raspberry pi (buster)
外部端末: タブレットPC(windows10)
ルータ使用: NAT転送(ポートフォワーディング)使用

なお、下記手順中のxxxxxxx,yyyyy,zzzzz,vvvvv, aaaaa, mydomain, 192.168.123.200, 192.168.123.100は自分の環境や設定したい値に合わせること。

サーバー側設定

sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt install wireguard
mkdir wgkeys
cd wgkeys
umask 077
wg genkey > server_private.key
wg pubkey > server_public.key < server_private.key
wg genkey > client_private.key
wg pubkey > client_public.key < client_private.key
cd
sudo nano /etc/wireguard/wg0.conf
sudo wg-quick up wg0
sudo wg-quick down wg0
sudo systemctl enable wg-quick@wg0
sudo systemctl start wg-quick@wg0
sudo ufw allow aaaaa/udp

wg0.confの内容は

[Interface]
# virtual IP address for server
Address = 192.168.123.200/24

# port for wireguard .  any number available
ListenPort = aaaaa

# server_private.key
PrivateKey = xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

# nat mantra
PostUp = iptables -A FORWARD -i %i -j ACCEPT; iptables -A FORWARD -o %i -j ACCEPT; iptables -t nat -A POSTROUTING -o eth0 -j MASQUERADE
PostDown = iptables -D FORWARD -i %i -j ACCEPT; iptables -D FORWARD -o %i -j ACCEPT; iptables -t nat -D POSTROUTING -o eth0 -j MASQUERADE

[Peer]
# client_public.key
PublicKey = yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

# virtual IP address in VPN for client 
# allowed virtual IP
AllowedIPs = 192.168.123.100/32

タブレット側設定

windows用wireguardソフトをwireguardサイトからダウンロード

次にwindows上でnotepadか何かを使ってconfファイルを作成する。ここではwg1.confとする。

[Interface]
# client_private.key
PrivateKey = zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

# virtual IP for client
Address = 192.168.123.100/24

[Peer]
# server_public.key
PublicKey = vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

# set virtual IP address for VPN server as allowed IPs
AllowedIPs = 192.168.123.200/32,192.168.123.0/24

# set url and port
Endpoint = mydomain:aaaaa

windows用wireguardソフトをインストール&起動し、上記confファイルを読ませる。

その後は、有効化や無効化で制御可能

その他

ルータでポートaaaaa/udpをポート転送できる様にする。

WordPressでコメント長制限

スパムメールで長文のものがあるので長さを制限する。
functions.phpに以下のコードを追加

add_filter( 'preprocess_comment', 'wpb_preprocess_comment' );
function wpb_preprocess_comment($comment) {
    if( mb_strlen( $comment['comment_content'] ) > 1000 ) {
        wp_die('Comment is too long. Please keep your comment under 1000 characters.'); 
	}
   return $comment;
}

なお、コメント欄設置自体は下記のサイトが参考になった。

http://webdesign.practice.jp/wordpress-theme16-comments-php

V-antena and Tanimoto's page