V-antena and Tanimoto's page

谷本の備忘録・雑記帳・work

>

カテゴリー: Troubles errors

CATEGORY ARCHIVE

VT-x is disabled in the BIOS対策

PCのboot中に掲題のメッセージが出ているのに気が付いた。

どうするのがベストなのかわからないが取り合えず、BIOSメニューをいじくってこのメッセージが出ないようになったので記録として残す。

具体的には、https://support.bluestacks.com/hc/en-us/articles/115003174386-How-to-enable-Virtualization-VT-on-Windows-10-for-BlueStacks-4 のページの
4. Enable Virtualization in your BIOS. 
に記載の手順にてVirtualizationをenabledにした。 上記ページはwindows10となっているがBIOSの設定なのでOS自体は関係なし

どうも毎回bootの度に行わないと元にもどってしまう模様。残念(2021/5/1 追記)

REST-APIからのwp-jsonアクセス停止

アクセスログを見ていたところ 「・・・/wp-json/wp/v2/posts/・・・」 といったアクセスがありそこにアクセスしたところ、いろんな細部の情報が表示される。 security上問題があるのではないかと思い、アクセスを禁止した。

参考にしたサイト

’https://www.webdesignleaves.com/pr/wp/wp_user_enumeration.html

コードと補足

単なるアクセス禁止だと、Gutenbergから「更新に失敗しました。 REST API is disabled」というメッセージが出る結果だっと。それで、結局上記の参考にさせていただいたページの「WP REST API を無効にする」の部分のコードを使わせていただいた。 function.phpに追加したコードは以下。

    add_filter( 'rest_authentication_errors', function( $result ) {
      if ( ! empty( $result ) ) {
        return $result;
      }
      if ( ! is_user_logged_in() ) {
        return new WP_Error( 'rest_not_logged_in', 'You are not currently logged in.', array( 'status' => 401 ) );
      }
      return $result;
    });

ubuntu20.04でinitramfs unpacking failed: Decoding failedの仮対処

ubuntu20.04にバージョンアップした後、いろいろ問題が発生したがそのうちの一つにタイトルにある様なエラーがboot中のメッセージに現れた。 これに対してネットの情報を頼って対処していたところ本メッセージがでなくなったので記録として残しておく。 ただし、どれが効果があったのか特定できていないかもしれない。

トラブルの内容

boot中に
initramfs unpacking failed: Decoding failed
のメッセージが出る。 実害は不明

関係がある可能性のある環境要因

  • ubuntu 18.04 からubuntu 20.04にバージョンアップ
  • Geforce 1060搭載
  • kernelは5.6に更新済み

効果があったかもしれない対処

sudo /etc/initramfs-tools/initramfs.conf
 COMPRESS=lz4  を COMPRESS=gzip  に変更
sudo update-initramfs -u
sudo reboot
grep 10de /lib/udev/rules.d/*
  これで出力されるところの、 ATTR{power/control}=“auto” の部分を ATTR{power/control}=“on” に変更し,
sudo update-initramfs -u
sudo reboot

両方おこなってから、rebootしたのでどちらが正解か不明

ubuntu バージョンアップ後のvlcの音声

ubuntu20.04に更新したところ音声が出なくなった。 いろいろ試した後、vlc media playerからだけは音声を出すことができたの記録する。

試したのはいくつもあるが、いろいろ載っているのは下記サイト
https://askubuntu.com/questions/1231602/no-sound-ubuntu-20-04-lts

トラブル内容

ubuntuを18.04LTSから20.04LTSへ更新後、vlc media playerからビデオの画像は表示されるが音声が出ない。 いろいろtryしたので下記だけでよいのかどうかは不明だが、ともかく最後に下記を行ったところ音声が聞こえる様になった。

最終的に行った対応

vlc media playerの画面から、「オーディオ(A)」-> 「オーディオデバイス(D)」を開き、(HDMI2)を選択しなおす。

まだ、音声で問題が残っているが、レンタルビデオが見れる様になったのでしばらくこのままで放置することにする。

syslogに大量のsystemd-udevd chmod 0666 failed with exit code 1

トラブル

使用しているubuntuで/var/log/syslogを覗いたところ、大量かつ頻繁に
systemd-udevd[24420]: Process '/bin/chmod 0666 ' failed with exit code 1.
と、いったかんじのエラーが出ていた。

調べたところ

systemd-udevdが出てくることから、 /etc/udev/rules.d/ 内の設定ファイルが関係しているのではと疑った。 そのディレクトリーの中のファイルで /bin/chmod 0666 があるのは、、/etc/udev/rules.d/99-sbig.rules だけであった。そのファイルの中に

# SBIG ST-L cameras
SUBSYSTEM=="usb", ACTION=="add", SYSFS{idVendor}=="0d97", SYSFS{idProduct}=="0002" , ENV{DEVTYPE}="usb_device", \
RUN+="/sbin/fxload -I /lib/firmware/sbiglcam.hex -D $env{DEVNAME}"
RUN+="/bin/chmod 0666 $env{DEVNAME}"

# SBIG ST-402/1603/3200 cameras
SUBSYSTEM=="usb", ACTION=="add", SYSFS{idVendor}=="0d97", SYSFS{idProduct}=="0003" , ENV{DEVTYPE}="usb_device", \
RUN+="/sbin/fxload -I /lib/firmware/sbigfcam.hex -D $env{DEVNAME}"
RUN+="/bin/chmod 0666 $env{DEVNAME}"

と、いったコードがあった。 
USB ID DAtabase (the sz development) のサイトでidVendorとidProductから調べると、

0x0D97 Santa Barbara Instrument Group (SBIG)
0x0001 SBIG Astronomy Camera (without firmware)

であった。puroduct id=2,3についてはわからず。 

work around

対処方法がわからなかったが(何か月か前に接続した激安カメラが関係か?)、相当しそうなものは接続していないので、ファイルを消して見ることにした。 syslogにfailedメッセージを吐くことは止まった。 副作用がないかどうかは不明だが、特に問題なく動いてそう。

sudo mv /etc/udev/rules.d/99-sbig.rules  /etc/udev/rules.d/99-sbig.rulesbk

HDD起動にしたraspiでsudoが効かなくなった

Raspberry pi 2B v1.1で、SDHCでブートし、以降HDDを使う設定にしたが、何かの拍子で(おそらくrebootで)sudoが無効になってしまった。 例えば、sudoで行っているのに読み込み専用ファイルですとかのエラーが出る。

対応

sudo mount -o remount,rw /  を実行すると、(一部エラーの表示がでるが)復活した。

SDHCで立ち上がっている?

※ /etc/rc.localに記述してもダメ
 また、systemctl --failed で見てみると、xrdpやpostfix, dovecot 他 が立ち上がっていない。
 /etc/fstabに書いたがそこが読まれなかったのか?

V-antena and Tanimoto's page