V-antena and Tanimoto's page

谷本の備忘録・雑記帳・work

>

自分用簡易コマンド作成

状態やコマンド、ログを調べるのにコマンドを使うが、しばらく使っていないとすぐに細かなところをわすれてしまう。 そこで、bashのfunction機能を使って自分用のコマンドを用意した。

用意したコマンド

  • status xxx
    xxxに関する状態等を表示  例: status cpu
  • conf xxx
    xxxのためのconfファイルの一覧を表示する
  • url xxx
    xxxを説明しているwebページのurlを表示
  • log xxx
    xxxに関するlog内容(のtail部分)を表示
  • manual xxx
    xxxコマンドに関する自作の簡易マニュアルを表示
  • mycommand
    この内容相当を表示

簡易コマンド定義

.bashrcに下記内容を追記する

alias mycommand='cat ~/mycmd/command'
function status() {  bash ~/mycmd/mystatus/$1 }
function conf() {  cat ~/mycmd/myconf/$1 }
function url() {  cat ~/mycmd/myurl/$1  }
function log() {  bash ~/mycmd/mylog/$1 }
function manual() {  cat ~/mycmd/mymanual/$1 }

directory作成

mkdir -p mycmd/mystatus
mkdir mycmd/myconf
mkdir mycmd/myurl
mkdir mycmd/mylog
mkdir mycmd/mymanual

各コマンド実行用ファイル作成例

mycmd/mystatus/cpu

vcgencmd measure_temp
mycmd/mymanual/systemctl
 
失敗したサービス表示   systemctl --failed
サービスの状態表示     systemctl status xxxx.service
全てのサービス状態     systemctl status
サービス実行           sudo systemctl start xxx.service
サービス再実行         sudo systemctl restart xxx.service
サービス停止           sudo systemctl stop  xxx.service
起動時自動有効化       sudo systemctl enable xxx.service
自動起動無効化         sudo systemctl disable xxx.service
設定再読み込み         sudo systemctl daemon-reload xxx.service

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。