V-antena and Tanimoto's page

谷本の備忘録・雑記帳・work

>

メールサーバー構築 その2(暫定)

LAN内専用のメールサーバーは構築していたが、LAN外からメールを受信できれば、用途が広がる。
そこで、sslをサポートし、また帰宅後も再度PCでメールを見れるようにIMAP形式のメールサーバーを構築する。  なお、外部からメール受信には外部メールサービスを使うpush方式と、自ら見に行くpull方式があるが、まずはpull方式とした(gmailサーバー等をリレーしない)

※まだ、おかしいところがあるかも。いったんメモとして公開する。

構築イメージ

参考としたサイト

How to set up a mail server on your Raspberry Pi?

 (Roundcubeを使う部分は実装せずにすました。 また、ENNABLE IMAPSの箇所で一部設定変更)

OpenSSL で SSL 自己証明書を発行する手順
先の参考サイトではdovecot.pemを使うとなっていたが、それだとエラーになったため。自己証明書ではなく本当はletsencryptを使うのが良いが、別のサーバーでテストしていたため自己証明書で行った。 

インストールとテンプレート準備

sudo apt install postfix
sudo nano /etc/postfix/main.cf
sudo apt install mailutils
sudo apt install dovecot-imapd

sudo maildirmake.dovecot /etc/skel/Maildir
sudo maildirmake.dovecot /etc/skel/Maildir/.Drafts
sudo maildirmake.dovecot /etc/skel/Maildir/.Sent
sudo maildirmake.dovecot /etc/skel/Maildir/.Spam
sudo maildirmake.dovecot /etc/skel/Maildir/.Trash
sudo maildirmake.dovecot /etc/skel/Maildir/.Templates

ssl用自己証明書作成

makedir ssls
sudo openssl genrsa 4096 > ssls/server.key
openssl req -new -key ssls/server.key > ssls/server.csr
openssl x509 -req -days 365 -signkey ssls/server.key < ssls/server.csr >ssls/server.crt

3つ目のserver.csrを作成するところで出てくる質問には例えば以下の様に答える
JP
都道府県名
区名/市名/郡名 など
組織名等
  単に改行
ドメイン名(例: example.com)
その後の質問は改行でかまわない

場所移動
sudo cp ssls/* /etc/dovecot/private

postfixの設定

ポート番号の設定、ドメイン名の設定、ネットワークの指定等を行う

sudo nano /etc/postfix/main.cf
myhostname = example.com
mydomain = example.com
mynetworks = 127.0.0.0/8 [::ffff:127.0.0.0]/104 [::1]/128 192.168.0.0/24
inet_protocols = ipv4
home_mailbox = Maildir/

#  以下追加
mailbox_command =
smtpd_helo_restrictions =
        permit_mynetworks,
        permit_sasl_authenticated,
        reject_invalid_helo_hostname,
        reject_non_fqdn_helo_hostname,
        reject_unknown_helo_hostname,
        check_helo_access hash:/etc/postfix/helo_access
smtpd_sasl_type = dovecot
smtpd_sasl_path = private/auth
smtpd_sasl_auth_enable = yes

sudo nano /etc/postfix/helo_access
aaa.bb.cc.ddd  REJECT        # aaa.bb.cc.ddd はexample.comのIPアドレス
# example.com   REJECT
smtp.example.com   REJECT
mail.example.com   REJECT
sudo nano /etc/postfix/master.cf
587      inet  n       -       y       -       -       smtpd     #smtpを587にした

sudo service postfix restart で、postfixを起動

dovecotの設定

sudo nano /etc/dovecot/dovecot.conf
listen = *
sudo nano /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf
mail_location = ~/Maildir
sudo nano /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf
service imap-login {
  inet_listener imap {
    port = 143
  }
  inet_listener imaps {
    port = 993
    ssl = yes
  }

service auth {
        unix_listener /var/spool/postfix/private/auth {
                mode = 0660
                user = postfix
                group = postfix
        }
}
sudo nano /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf
disable_plaintext_auth = no
auth_mechanisms = plain login
sudo nano /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf

ssl = yes
ssl_cert = </etc/dovecot/private/server.crt
ssl_key = </etc/dovecot/private/server.key
ssl_min_protocols = TLSv1.2

ssl = yes

ssl_cert = </etc/dovecot/dovecot.pem       #  private/ を消すことに注意
ssl_key = </etc/dovecot/private/dovecot.pem  # .keyを.pemにすることに注意

ssl_min_protocols = TLSv1.2

sudo service dovecot restart でdovecotを再起動

自分証明書だとおこられるかも。letsencryptので行う必要ありか。

テスト及び実行

sudo adduser testuser

※ 下記部分は「自己証明書作成」部分を行った場合は不要

printf '\0%s\0%s' 'testuser' 'password' | openssl base64
cd /etc/dovecot
sudo openssl req -new -x509 -nodes -config /usr/share/dovecot/dovecot-openssl.cnf -out dovecot.pem -keyout private/dovecot.pem -days 365

メーラー側の設定

protocol imap4
smtp認証 しない
ssl imap4 sslを使用
smtp sslを使用しない
smtp ポート番号 587
IMAP ポート番号 993
コードはutf-8にする。(文字化けするので) 2021/3/31追記

自己証明書なので信頼できないといわれるが、許可して受け入れると受信可能となる。

※ smtp側を開けていないとほとんどのメーラが使えない。 windowsだとSylpheedは使えた。 androidだとOpen Mailが使えた(おそらくK-9 Mailも)。 2021/3/31 追記

その他エラー対策

/var/log/mail.err や /var/log/syslogにエラーが出ているのでうまくいかないとき、コマンドでの直接のエラーメッセージの他にここをみてチェック

もし、 key too smallの様なメッセージが出た場合は /etc/ssl/openssl.cnf 中の
CipherString = DEFAULT@SECLEVEL=2 の値を1にしてみる

もし、 /dev/urandomでエラーになった場合は、 /usr/share/dovecot/dovecot-openssl.cnf 中のRANDFILE = /dev/urandom部分をコメントアウトしてみる。 ついでにkey長を4096にするのが良い

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。