V-antena and Tanimoto's page

谷本の備忘録・雑記帳・work

>

syslogに大量のsystemd-udevd chmod 0666 failed with exit code 1

トラブル

使用しているubuntuで/var/log/syslogを覗いたところ、大量かつ頻繁に
systemd-udevd[24420]: Process '/bin/chmod 0666 ' failed with exit code 1.
と、いったかんじのエラーが出ていた。

調べたところ

systemd-udevdが出てくることから、 /etc/udev/rules.d/ 内の設定ファイルが関係しているのではと疑った。 そのディレクトリーの中のファイルで /bin/chmod 0666 があるのは、、/etc/udev/rules.d/99-sbig.rules だけであった。そのファイルの中に

# SBIG ST-L cameras
SUBSYSTEM=="usb", ACTION=="add", SYSFS{idVendor}=="0d97", SYSFS{idProduct}=="0002" , ENV{DEVTYPE}="usb_device", \
RUN+="/sbin/fxload -I /lib/firmware/sbiglcam.hex -D $env{DEVNAME}"
RUN+="/bin/chmod 0666 $env{DEVNAME}"

# SBIG ST-402/1603/3200 cameras
SUBSYSTEM=="usb", ACTION=="add", SYSFS{idVendor}=="0d97", SYSFS{idProduct}=="0003" , ENV{DEVTYPE}="usb_device", \
RUN+="/sbin/fxload -I /lib/firmware/sbigfcam.hex -D $env{DEVNAME}"
RUN+="/bin/chmod 0666 $env{DEVNAME}"

と、いったコードがあった。 
USB ID DAtabase (the sz development) のサイトでidVendorとidProductから調べると、

0x0D97 Santa Barbara Instrument Group (SBIG)
0x0001 SBIG Astronomy Camera (without firmware)

であった。puroduct id=2,3についてはわからず。 

work around

対処方法がわからなかったが(何か月か前に接続した激安カメラが関係か?)、相当しそうなものは接続していないので、ファイルを消して見ることにした。 syslogにfailedメッセージを吐くことは止まった。 副作用がないかどうかは不明だが、特に問題なく動いてそう。

sudo mv /etc/udev/rules.d/99-sbig.rules  /etc/udev/rules.d/99-sbig.rulesbk

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。